ウェディングシーンでも注目!ジャイアントフラワーの作り方

ジャイアントフラワーの作り方

話題のジャイアントフラワーでフォトジェニックなパーティーを♡

今、結婚式などのウェディングシーンで大人気のジャイアントフラワー。

紙で作った大人の顔よりも大きなサイズの巨大フラワーは飾り付けには勿論、一輪持つだけでもインパクトがあって素敵だと、ウェディング以外のパーティーシーンでも大注目のアイテムです。

最近ではジャイアントフラワーの専門店もあり、一輪で約1万円前後で購入する事が可能ですが、実はこのジャイアントフラワー、とっても簡単に自分で手作りする事ができちゃいます♡

ジャイアントフラワー【バラ】の作り方

用意するもの
ジャイアントフラワーの作り方・クレープペーパー
※クレープペーパーは、花びら用(ハート型15〜20枚、ドロップ型3枚、半ドロップ型3枚)とガク用(5〜7枚)に切る。
・フローラルテープ
・棒
・葉っぱ(手芸店などに売っているものでOK)
・両面テープ(ボンドやグルーガンでもOK)

作り方
ジャイアントフラワー作り方
カットした花びらにを、棒などに巻きつけてくせを付けていきます。ハート形、ドロップ型、半ドロップ型をそれぞれくせ付けしていきます。
花びらは3〜4枚ずつ重ねてくせ付けしていってOK!

ジャイアントフラワー作り方
全ての花びらにくせ付けをしていきましょう。

ジャイアントフラワー作り方
棒にフラワーテープを巻いていきます。使用する棒は、枝や菜箸などでも構いません。茎に角度を付けたい人は、針金などで棒を作ってくださいね!

ジャイアントフラワー 作り方
半ドロップ型の花びらの根元部分に両面テープを貼り、③に巻き付けていきます。花びらのバランスを見ながら4枚全てをつけていきましょう。

ジャイアントフラワー作り方
半ドロップ型が付け終わったら、ドロップ型、ハート型の順にバランスを見ながら巻きつけていきます。
花びらは少しずつ巻きつける位置を変え、前の花びらよりも少し高い位置に巻きつけていくと綺麗なバラの形に仕上がります。

ジャイアントフラワー作り方
全ての花びらをバランスよく巻きつけ終わったら、フローラルテープを使い茎をしっかりしめつけながら巻いていきます。

ジャイアントフラワー作り方
ガクをつけていきます。ガクは、茎部分と花びら部分に両面テープをつけて固定しましょう。全てのガクを付け終わったら、フローラルテープを巻きつけてしっかりと固定します。

ジャイアントフラワー作り方
好みの位置に葉っぱをフローラルテープでまきつけて固定すれば完成です♡


ポイント!

ジャイアントフラワー作り方
花びらを何重にも巻きつけていくと、巻きつけた根元がだんだんとごわごわしてくるので、花びらを数枚巻きつけるごとに一度フローラルテープできつくしめてまいておくと、次の花びらを巻きやすくなり、また、仕上がりも綺麗になります♡

a

一輪だけでも十分素敵♡

ジャイアントフラワー作り方

花びらを切るサイズ、つける枚数によってお花の大きさを好きに変えられるジャイアントフラワー。今回作ったお花はなんと60cm程の大きなお花です。
ジャイアントフラワー作り方とても大きいので、子供が持つとまるで妖精みたい♡

ジャイアントフラワーはお花紙でも作る事ができますが、お花紙で作ったジャイアントフラワーはふわふわするので、バラのようなお花を作る時にはクレープペーパーを使うのがおすすめです。

クセつけ方や花びらの巻き方によって表情が変わるので、ぜひお好みのジャイアントフラワーを作ってみてくださいね♡

ジャイアントフラワー作りに使う材料

クレープペーパー
茎用のフローラルテープ
グルーガンを使うと作りやすいです。